ロトパのアレコレ

Members Introduction_その2

2人目は、Lotophagoi のサウンドの要、真篁さんです。バンドでは主にguitar、笛を担当。

Γιουρένκα 目線での真篁さんの紹介です。

Lotophagoi らしさや面白い表現ができるのも、真篁さんあってのものでして。そのテクニックと引き出しの多さにびっくりするのですが。ただ計算高いタイプというよりは真逆の魂の方で情熱的です。憑依すると、とんでもないグルーヴ感が出てくるのも聴きどころの一つですよ。(Γιουρένκαの感想です。笑)

実は彼は、下町のお祭りに欠かせない”お囃子”のプロでもありますので、笛や太鼓の鳴り物はもちろん、何がすごいってとにかく「人をノセル」のが得意なんですね。御神輿を担いでる人にはわかるかもです。

guitarの腕前やバリエーションもすごいのですが、笛も見どころの1つです。例えば、篠笛、真竹笛、フルートはもちろん、田楽笛や能管などもそのうち登場するかもです!

そうそう、真竹笛って知ってます?奏者は少ないのですが、すごく面白い笛でして、篠笛のような高音から、尺八のような低音までいろんな表現が可能なんですよ。

楽器もごちゃ混ぜに、ノンジャンルで掛け合わせを楽しむのも、私たちのスタイルです。

今度は、ご本人に書いてもらいましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA